スポンサーリンク




キーヤーエフェクトを使った景色を透過させる映像の作り方-Final Cut Pro X-

動画編集

みなさんこんにちはミケランです。

今回は『キーヤーエフェクトを使った景色を透過させる映像の作り方』というテーマでお話していきたいと思います。

おしゃれなVlogや映画によく使われているような編集なので皆さんも一度は見たことがあるはず!

今回はキーヤーエフェクトを使用して対象物の向こう側を透過させる演出を動画編集で作っていきたいと思います。

このようなやり方を少しずつアップデートすることで自分の思うような演出が表現できるようになりますよ!

Final Cut Pro Xなら簡単に作ることができるので一緒に学んでいきましょう!

作り方はとてもシンプルでポイントを押さえればとても使いやすくてとても便利なタイトルです。

編集を使った実例

今回の編集を使用した編集例はこちらです。

インストールが必要なプラグイン

プラグインのインストール方法がわからない人はこちらを合わせて見てください。

Final Cut Pro Xにプラグインをインストールする方法!!【エフェクト、トランジション】

今回使用するプラグインはオリジナルなのでダウンロードはできませんが
サンプルクリップはこちらからダウンロードできます。

Stock footage & motion graphics for everyone.
Download millions of free and premium stock footage and motion graphics instantly.

メンインで使用する機能はベーシックなマスキング機能のみです。

今回は特殊なプラグインは使用せずにFinal Cut Pro Xに最初から備わっている機能のみで編集を進めていきたいと思います。

クリエイティブなタイトル作り方

編集したいカットをタイムラインに乗せます。

今回使用するのは下の二つです。

絵画クリップ(静止画)

背景クリップ(動画)

背景クリップの上に絵画クリップを配置します。

エフェクトブラウザから絵画クリップにキーヤーを適用します。

ビデオインスペクタの中からキーヤーを調整します。
表示をマットに変更します。
マットツールのレベルを調整しながら透過したい部分を黒、そのままの映像を残す部分を白になるように調整します。

表示をコンポジットに戻します。

編集作業は以上です。

まとめ

いかがでしたか?

とてもシンプルでおしゃれなエフェクトですね。

マジックの世界のような演出ができるので面白くおしゃれな映像になりますね。

基本的に初期エフェクトのみで完結するので初心者にも優しい機能ですね。

前作Creative Masking ideasシリーズのブログリンクはこちらからどうぞ

クリエイティブなマスキングの使い方#1 -Final Cut Pro X-

クリエイティブなマスキングの使い方#2 -Final Cut Pro X-

クリエイティブなマスキングの使い方Creative Masking#3 -Final Cut Pro X-

クリエイティブなマスキングの使い方Creative Masking#4 -Final Cut Pro X-

クリエイティブなマスキングの使い方Creative Masking#5 -Final Cut Pro X-

クリエイティブなマスキングの使い方Creative Masking#6 -Final Cut Pro X-

クリエイティブなマスキングの使い方Creative Masking#7 -Final Cut Pro X-

クリエイティブなマスキングの使い方Creative Masking#8 -Final Cut Pro X-

クリエイティブなマスキングの使い方Creative Masking#9 -Final Cut Pro X-

クリエイティブなマスキングの使い方Creative Masking#10 -Final Cut Pro X-

クリエイティブなマスキングの使い方Creative Masking#11 -Final Cut Pro X-

クリエイティブなマスキングの使い方Creative Masking#12 -Final Cut Pro X-

クリエイティブなマスキングの使い方Creative Masking#13 -Final Cut Pro X-

因みに今回のカラーグレーティングは以前の記事でも紹介しているカラーを使用しています。

【記事紹介】
動画の色補正を一瞬でプロ仕様に変える『LUT』プラグイン導入方法【Final Cut Pro X】

動画編集の基本的な参考書

みなさんもぜひ参考にしてみてください。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました