スポンサーリンク




今まで食わず嫌いだったビブショーツに挑戦してみたら本当に超快適だった話

みなさんこんにちはミケランです。

みなさんはビブショーツって試したことはありますか?

レスリングの選手が履いているようなワンピース型のサイクリング用パンツです。

出典:Rapha HP

最近ではかなりおしゃれなビブショーツも増えてきていてRaphacafe du cyclisteなど海外のデザイン性の高いデザインのものがたくさんありますね。

今回この記事を読んでくれた方は恐らくビブショーツを履いたことがない人や興味はあるけどコスト面や着る勇気がちょっと・・・と言う方のために簡単にビブショーツの良い部分悪い部分をまとめましたのでこれを少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

と言うことで早速本題に移っていきましょう。

ビブショーツ、ショートパンツそれぞれの特徴

出典:Rapha
まずはショートパンツから
  • 価格が安い
  • トイレでの快適性は圧倒的にショートパンツ
  • 激しい動きの際はズレる

価格はやはり方のホールドがない分抑えめになりますがその分激しい動きをした時には必ずずれます。
またロードバイクに乗っていると自然に前傾姿勢になってしまうので下着が見えてしまったりとその部分はマイナスなポイントでしょう。

とはいえ、ゆるいポタリングや軽くて短い運動が目的であればショートパンツでも十分楽しめる思います。

ビブショーツの特徴
出典:cafe du cycliste
  • お腹に圧がかからない(体の負担軽減)
  • 激しく動いても絶対にズレない
  • シルエットが綺麗に見える
  • トイレではかなり不便

ショートパンツの場合構造上どうしてもお腹でゴムなどの素材が干渉したりして若干苦しいと感じる方も多いのではないでしょうか?

ビブショーツをショーツを着比べて見ると肩のサスペンションの部分以外は全く干渉する部分がなく楽ちんです。肩の部分もきているうちに気にならなくなっていきます。

サスペンションがついているので激しく動いたとしてもずれて集中できないと言う心配もありません。

ワンピースにすることによって継ぎ目がない綺麗なシルエットになるので多く着ているのに綺麗に痩せて見えます。お腹周りが気になる方にもスッキリと着こなしてもらえるのがこのビブショーツなんです。

ここまで読んで

『なるほどじゃあビブショーツ一択じゃん!』

っと思うかもしれませんがちょっと待ってください。

最大の欠点であるビブショーツトイレがめちゃくちゃ不便問題についてお話しします。

男性は特にお腹が緩くなりやすいですよね。

真夏の熱いライドの中キンキンに冷えたアイスクリームは極上です。

でも、いざ再開した時に
『あれ?なんかトイレ行きたいかも?』

っと言う一抹の不安がよぎります。

でも一緒に走っているメンバーが先に言ってしまうので無理をしてそのまま出発

この先はご想像通りです。

まとめ

こんな感じでここまでショートパンツ、ビブショーツそれぞれの特徴についてお話ししてきました。

それぞれの長所、短所があるので一概にこれっということは言えませんが

僕個人としてのおすすめは初心者のうちはショートパンツから試してビブショーツは本格的な長距離やレースを意識し始めてからでも遅くはないと思います。

先ほどはアイスクリームの例をお話ししたんですが固形物を取らずにドリンクを飲み過ぎたりすると簡単に消化の許容量を超えてしまいます。

あえてショートパンツを経験することでビブショーツの快適性が実感できるということもあるので一概に全員にビブショーツを勧めるようなことはしません。

みなさんのライドスタイルに合った選択の参考にしてもらえれば幸いです。

それでは良いライドを。

コメント