スポンサーリンク




ロードバイク入門者がとりあえず最初に揃えるべき最優先アイテム11選

みなさんこんにちはミケランです

とにかく勢いでロードバイクをネット注文してしまったそこのあなた

ちょっと一旦落ち着いて我に返ってそういえば色々とアイテム必要だよなーと立ち止まったところですよね?

まず最初に何を替えばよいのやら

っという雰囲気のかっこよさだけで先走ってしまいがちなんですよね

それだけロードバイクには惹きつけるなにかがあるということ?

今回はそんなみなさんにとりあえずこれがあれば最低限なんとかなるというアイテム7選を紹介していきたいと思います

もう走り出しちゃっているっていう人にもおさらいと再確認になるのでぜひ最後まで読んでみて下さい

初心者が最優すべきモノ11選

  • ヘルメット
  • スタンド
  • リアライト
  • ヘッドライト
  • ペダル
  • 空気入れ
  • 携帯工具
  • ベル
  • 自転車保険
  • 防犯登録

ヘルメット

ロードバイクは初心者の皆さんが思っている以上に速度の出る乗り物です

最初は普通の自転車と違って前傾姿勢になれないのでかなり危ないです

何かあってからでは遅いのでまずはヘルメットを購入しましょう

僕は骨伝導で耳をふさがずに音楽を楽しめるCorosのヘルメットを使っています

【ロードバイク最新ガジェット】骨伝導イヤホン付きスマートサイクルヘルメットレビュー

スタンド

皆さん御存知の通りロードバイクはそれ単体では立っていられませんせっかくスマートなロードバイクを買ったのに外付けのスタンドは抵抗があるなー…っという方は必ず専用のスタンドを用意しましょう

安価なものなら1000円前後でも手に入ります

スタンドのまとめ記事も書いているのでそちらも合わせてどうぞ

【ロードバイク用メンテナンススタンド】プロも推奨する作業効率爆上がりのスタンドおすすめ3選

リアライト

ロードバイクは軽車両なので左側通行です。後ろからくる車両に自分の存在を伝えるためのリアライトは必ず装着しましょう

こちらも電池式のものから反射板まで色々なタイプがあります

反射板なら150円から

ヘッドライト

暗い時間になると前方の視野を確保するために必ず必要です

こちらも反射板タイプの販売もありますが夜道を運転する方は必ず電池式のヘッドライトを揃えましょう

ペダル

高級なモデルになるとペダルが装着されてないものがあります

予め必ず確認してペダルがないとそもそもクランクを漕ぐことができません

空気入れ

ロードバイクは正しい空気圧が入っていて初めて本来の性能を発揮するので空気は豆に充填したほうが良いです

僕の場合は2週間に1回はしっかり空気圧をチェックして充填しています

携帯工具

ロードバイクは発送されて自宅に到着後は自分で組み立てする必要があります

サドルの高さからまずは調整が必要なので六角レンチなどがついている携帯工具があると便利です

ベル

条例によっては自転車は必須のアイテムです。万が一事故にあった際に過失の要因となることがあるので必ず取り付けましょう

せっかく買ったロードバイクなのでしっかり防犯対策をしてあげましょう

こちらもピンきりですが安価なもので1,000円くらいで買えるので駐車の際は必ずロックしましょう

自転車保険

高価な保険は不要かと思いますが最低限対人対物無制限の保険は必ず加入することをオススメします

月々200円台で入れるので万が一第3者に接触してしまうと場合によっては❍億円の請求が発生することもありえます。

自治体ごとに義務化されているエリアもあるので注意が必要です

自転車保険の義務化とは?地域や対象者、罰則についてまとめて解説

防犯登録

防犯登録は自転車に乗る者の義務です。警察官に呼び止められたとき、防犯登録をしていない自転車に乗っていたら、盗難自転車だと疑われてしまいます。

防犯登録料は500〜600円(地域による)です。最寄りの自転車ショップで防犯登録してもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか?

どれもかなり重要なのでインターネットでロードバイクを購入した際は必ずすべて揃えることをおすすめします。

インターネットは安いというメリットの反面、調整や手続きを自分で行う必要があります。

よく下調べをして乗らないと後々痛い目にあってしまいます。

そうならないためにもロードバイクの装備をちゃんと整えて安全なライドを楽しみましょう。

それではまた。

コメント