スポンサーリンク




【スマートウォッチ】Wahoo Element Rivalがマジで気になる!購入に至った決定打とその感想#2

トレーニング

みなさんこんにちはミケランです

Wahoo Element Rivalついに到着しました〜

早速開封して色々と試してみたので今回はその話をして行きたいと思います

まず前回の購入に至った理由などは過去記事から観れるのでそちらからどうぞ

【スマートウォッチ】Wahoo Element Rivalがマジで気になる!購入に至った決定打とその感想#1

僕はApple Watch series4からこのWahoo Element Rival乗り換えしたんですが理由はこんな感じ

  • バッテリーが長持ち
  • スポーツ特化のスマートウォッチ
  • Wahoo製品とペアリングできる
  • つけている人を見たことがない。かつ見た目がかっこいい

本当に今初期設定が終わったところなのですがペアリングが本当に簡単

15分かかりませんでしたw

起動してWahoo専用アプリでQRを読み込む

好きな文字盤を選ぶ基本的な設定はそれだけで後は普通のスマートウォッチと同様につけている間は心拍をトラッキングしてくれたりするのでOKです

装着感はとにかく軽い。重さは53グラムなのにバッテリー容量は14日間使用可能なので素晴らしいです

今日は早速Rivalの使用インプレッションを書いて行きたいと思います

Wahoo Ellement Rival 開封初日はこんな感じ

QRコードを読み込んだらWahoo Elementのアプリから設定ができます

文字盤のアイコンを押すとウォッチのフェイスがすぐに切り替わります

真ん中のボタンを押すと計測する運動の種類が選べるのですがトライアスロンやロードバイクの他にトレーニングの心拍トラッキングもできるのでその辺はすごく楽しみです

Apple watchにもハートレート昨日はついていますが実際の手首で取るデータとティッカーで取るデータはかなり異なります

これは僕がとった同一コースの心拍数とカロリーデータ

アップルウォッチで心拍計測した場合

Wahoo Tickerを使用して同期した場合

だいぶ差がありますよね

僕はこれ以降スマートウォッチの心拍計はあまり信用しないことにしましたw

例えば、正確な心拍データが分かるとダイエット中のときに心拍数を120~130の間で30分間漕ぐようにするなど、簡単にトレーニングの計画を立てられますね

普段のトレーニングにも応用出来ればインターバルの設定なども簡単にできるのでかなり便利機能の一つだなーと感じました

こんな感じで最新デバイスで生活をデータ化していけば改善点が可視化されるので自分の弱点が分かりやすいですね

まとめ

僕の場合は正直乗り換えて正解だったと思います

僕は以前からスマートウォッチはいらない機能が多すぎるし価格が高額すぎると思っていました。

どんな機能を重視するかによってユーザーの選択は様々です

Rivalはトライアスリートやフィットネスが趣味の人たちにとってはかなり有力な選択肢の一つになりますし、普段使いとしてもスタイリッシュでオシャレですね

Wahooのスマートウォッチはまだ少数派なのでロゴが見えた時にいい話題にもなってくれます。

シンプルな感想としては不要な機能が削ぎ落とされて僕はすごくスッキリしました

スポーツ特化のスマートウォッチなのでフィットネをスアプリ上でデータ化し日々の運動データをトラッキングできるのが魅力的です。ワフーデバイスとの連携がスムーズなのもWahooユーザーの僕としては◎

みなさんもこれを機にぜひRivalの購入検討してみてはいかがでしょうか?

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました