スポンサーリンク




愛車のアルミロードを79デュラエース全部盛りパリピ仕様にしてみた【#1パーツポチり編】

ロードバイク

皆さんこんにちはミケランです。

今回は愛車のBianchi(アルミロード)をDIYカスタムしてゴリゴリのレース仕様車にしてみようという企画です。

僕自身も初めての試みなので少し不安はありますがなんといってもこのBianchiは僕にとっての初号機でありとても愛着があるバイクなんで乗らなくなってしまうのはなんだか寂しい気がしてしまうんですよね。

ロードバイク初心者がアルミフレームからカーボンフレームに乗り換えて思ったこと

なんやかんやカーボンのロードバイクを買って二台持ちになってしまうとやはり初号機に乗る頻度が少なくなってしまって何だか虚しさが。。。

愛着のある初号機に敬意を払ってコンポーネントを一新して新たなオリジナルスペシャルバイクを作ることにしました。

今回はパーツの買い出し編ということでどんなものを用意したのかご紹介していきたいと思います。

TNI (ティーエヌアイ)STIFF CARBON AERO BARハンドル

安くてカーボンでエアロ形状のハンドルはないかな〜と物色していると。。。

TNIのエアロカーボンハンドルがなんと18000円!

Wiggleで探していたPrimeの格安モデルよりもさらに安い!

しかも楽天ポイントが2000ポイントも付くってことはコスパで考えるとTNIの圧勝です。

アマゾンサイトでは

サイズは400mmを選びましたがあまり需要のない420mmだとさらに安く16000円台で購入可能です。

肩幅が広い方はチェックしてみる価値があるかも!

参考価格:16,000円

ボトルケージ

ボトルは完全に見た目重視でSpacaz、Elite製を購入!

Spacazで統一しても良かったんですが片方取り出しのモデルの在庫がなかったので価格が安いElite製をチョイスしてみました。

ELITE(エリート) ALA(アラ) ボトルケージ
参考価格:1,500円

SUPACAZ(スパカズ) ボトルケージ
参考価格:2,500円

Spacaz バーテープ

グリップ力に定評がありデザインがおしゃれなSpacazはやはり高価ですが物は一級品です。

色々と迷いはあったものの結局ここに帰ってくるんだよなー

ロードバイクのバーテープってどうやって選んだらいいの?抜群のバーテープの厳選3メーカー紹介】

参考価格:4,000円

デュラエースコンポセット

7900シリーズのクランク以外のセットで一番安価なものを選んでみました。

クランク付きが良かったですが状態が綺麗なのと横取りが怖かったので一気に購入しましたww

クランクは少々傷んでいましたが価格交渉の末なんとか14,000円まで持っていきましたww

コンポでトータル66000円は痛手ですが中古なのでまだマシとグッと堪えて割り切りました。

終わりに

いかがでしたか?
結構今回は大胆にポチったつもりです。

細かいパーツも含めて総額でいくと10万円は超えてしまっていますが全てハイエンドなものに切り替わると考えるとそこまで高くない買い物のように感じてしまう自転車脳な私です。

オールデュラエースは自転車乗りの夢の一つでもあるので片式に拘らなければ意外と安価に乗れてしまいますね。

最新式の12速デュラエースは機械式でも定価で423,000円となかなかぶっ飛んだ価格設定です。

そこに比べると型式はやや古いモデルになりましたがSoraグレードからのアップグレードと考える十分とも捉えることができます。

中古でも十分プロのような仕様のバイクを体験できるので是非参考にしていただけると幸いです。

今回の記事はシリーズとして各パーツの取り付け編の記事も合わせて書いていくのでそちらも楽しみにしていてください。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました