スポンサーリンク




【美味しいダイエット】なんだろう、高温で肉焼くのやめてもらっていいですか?

みなさんこんにちはミケランです

コンビニのド定番超優秀食材といえばサラダチキンですよね

でも毎回コンビニで買うのコスパ悪いんですよねー

毎回同じ味も飽きるしなんかいい方法ないかなーって思ってたんですよね

そんな中、巷で噂の低温調理器で作ったサラダチキンがマジでウマい!

という話だったので

これは買うしかないっしょ!

ということで勢いで買った低温調理器BONIQでしたがマジで良かったのでインプレッションを書いていきたいと思いますw

それではよろしくおねがいします。

低温調理器BONIQとは

簡単3ステップで安価な赤身のブロック肉やパサつきがちな鶏胸肉を、あなたの想像する【理想の肉】へと調理する新感覚の画期的調理器具。 放ったらかしでも、誰がやっても絶妙な仕上がりを科学的に可能にするのがこの調理器の実力です。 自宅の食事がいつでも完璧な仕上がりになります。

通常タンパク質に熱を加えると50℃辺りから変化を起こし、70℃を超える辺りには固く縮んでほとんどの肉汁を失ってしまいます。科学的に言えば、55℃〜58℃辺りがもっとも柔らかくなります。この温度帯を意図的に狙う事が「低温調理」なのです。

空気を抜いて湯煎をする事で、熱が減衰する事なく設定した温度で全体を包む様にムラなく調理する事が出来ます。

料理は科学と言われる様に、食材によって科学的に美味しい温度が決まっているので、絶対温度で火入れするのが一番美味しくなるのです。 そして、それをボタン一つで可能にするのがBONIQなのです!

BONIQを買ってよかったところ3選

  1. 調理レベルが格段にアップする
  2. 時間がかかるが慣れれば簡単で楽ちん
  3. トータル面でコスパが良い

調理レベルが格段にアップする

低温調理で作った鶏むね肉やローストビーフはかなりしっとりしていて柔らかな肉質にしあがります。

湯煎調理と比べると同じ鶏肉と思えないほどふっくらとしているので本当においしいです。

毎日食べるものなので飽きてしまわないようにするためには工夫が必要ですが低温調理器さえあればそんな心配は不要です!

時間がかかるが慣れれば簡単で楽ちん

調理方法は基本的にこんな感じです。

肉の下処理と味付け→ジップロックで真空になるように閉じる→タイマーをセットして待つ

これは料理と呼んでも良いのか怪しいレベルに簡単ですよねw

おかずに困ったときも冷蔵庫に常にストックしているので無駄な惣菜を買ってしまうリスクも避けられて一石二鳥ですねw

トータル面でコスパが良い

例えば1ヶ月にサラダチキンを毎日買うと一食200円として単純計算で6000ですが鶏むね肉なら1枚120円ほどで買えるので3600円程なので1ヶ月あたり2400円の節約になるので1年使えば差額でお釣りが来ちゃいますよ

終わりに

いかがでしたか?

僕はこれでコンビニサラダチキンを卒業しましたw

サラダチキンだけでなくローストビーフやローストポークなど幅広く活躍してくれます。

あと僕は温泉卵が好きなのでボニークで毎回1パック丸々作っています

湯でムラがないしタイマー設定するので100%失敗せずにきれいな温泉卵が作れますよ

タイトル回収するとBONIQに出会ってから高温調理はオワコン?って思うほど低音調理は楽だし簡単しかもウマイです!

因みに、掲示板”2ちゃんねる”の元管理人の西村ひろゆきさんも世界最高評価のルビアガレガを低音調理してから強火で焦げ目をつけて食べるのがおいしい食べ方と言ってたのでそれっぽいたいとるにちてみましたw

ということで、これをきっかけにみなさんも低温調理に挑戦してみてはいかがでしょうか?

僕のトレーニング方法などはここで紹介しています

BONIQ HP

低温調理器BONIQオフィシャルサイト
低温調理器BONIQメーカー直販サイトです。

コメント