スポンサーリンク




【ヤンキー座りができない】足首が硬くても簡単にフルスクワットができるたった1つの方法

みなさんこんにちはミケランです

みなさん最近ヤンキー座りしてますか?

僕はここ数年この座り方をしている霊長類をみた試しがないですw

平成初期の時代はコンビニ前で量産されていた時代もありましたが

近年では少数部族となり絶滅が危惧されているジャパニーズヤンキー

そんな尖った時代もありましたが実は今の若い世代はこのヤンキー座りができません

理由は運動能力や柔軟性の低下が著しいことが挙げられるそうです

昔はどこにでもワシワシいたヤンキー座りがこんなに希少価値が上がるなんて僕は想像できませんでした

このヤンキー座りができなくて困るのことは一生のうちほぼないんですが、スクワットに関してはいかんせんフォームを整えるのが難しい

こういう記事を書いている僕も実はヤンキー座りができない病を患っている一人で、ある方法を実践することで簡単に解消できました

ジムでトレーナーをしている時も足首や股関節の硬いお客さんによくこの方法を実践してもらって改善できた例が多かったんですよね

今更頑張ってヤンキー座りを志す必要はありません

ということで今日はフルスクワットができない人へというテーマで話していきたいと思います

解決は至ってシンプル

足首が曲がらないのであれば曲げずにスクワットすればいいんですねw

解決方法は至ってシンプルでかかと部分に重りのプレートなどを踏んでスクワットしてみてください

さっきとは別人のようにきれいなフルスクワットができていますよね

重い重量を扱わない人はこのやり方でも十分キレイなフルスクワットができるんですが

これを重い重量を使用してやるのはめんどくさいし手間がかかります。

なので僕はウエイトリフティング用のかかとの素材が厚いトレーニングシューズを愛用しています

ラインナップはこんな感じです

ランニングシューズとは違って底が固く踵の部分が厚底です

スクワットやデッドリフトの際姿勢が作りやすくフォームをきれいに保ってくれる優れものです

底が硬いので足の裏の力を逃さず地面に伝えることができるのでトレーニング用にはとても便利です

他の人と被るのが嫌な人はアシックスのカスタムサービスもおすすめです

少し値は張りますが、カラーはもちろんかかとの厚みまでミリ単位で細かく自分に合うようオリジナルにカスタムできます

終わりに

フルスクワットができるようになればトレーニング効率もグンっと上がるのでかなり便利ですね

そもそも足首が硬いと膝が前に出すぎてしまったりするので腰にかなりの負担がかかります

結果的に故障の原因になってしまったりするので手っ取り早く根本的な原因を解決してあげたほうが近道だったりします。

かかとをの底上げをしたり専用のシューズを使うことで簡単に改善できるので是非試してみてください。

綺麗なデッドリフトやスクワットの作り方も紹介してるのでよければそちらも合わせてどうぞ

ではまた。

コメント