スポンサーリンク




WordPressで急なエラー「この接続ではプライバシーが保護されません」の対処手順-ConoHa WING-

その他

みなさんこんにちはミケランです。

先日ワードプレスにログインしようとするとこんなエラーメッセージがでました。

なんだか毒々しい警告画面。。。

えっなんのエラー?SSL化の手続きはもう終わってるけど?

半日放置してみたけど改善の兆しは全くなし。。。

今までこんな画面は見たことないけど詳細をクリックしてもイマイチ理解しづらい文面が並んでいるのでググってみることに

『ワードプレス 警告文

ワードプレス NET:ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID

なかなか似たような事例がヒットしない、、、

思い切って警告文をそのままコピペしてみることに

この接続ではプライバシーが保護されません KonoHa

すると、かなり類似したブログを発見したのでそちらを参考にエラーを改善していくことに

今回はKonoha WINGユーザー向けに改善手順を解説していきますが他のサーバーのユーザーであれば

この接続ではプライバシーが保護されません+サーバー名

で解決記事がヒットする可能性が高いのでぜひ参考にしてみてください。

原因はSSL証明書の有効期限切れ

SSLサーバ証明書とは、ウェブサイトの「運営者の実在性を確認」し、ブラウザとウェブサーバ間で「通信データの暗号化」を行うための電子証明書で、GMOグローバルサインなどの認証局から発行されます。 SSLサーバ証明書には、ウェブサイトの所有者の情報や、暗号化通信に必要な鍵、発行者の署名データが含まれています。

引用元:GMOグローバルサイン【公式】

サーバー契約を行いサイト内で同時にSSL化を行った場合サイトの暗号化に期限が設けられます。

本来であればSSLの自動更新が切れる10日やそれ以上前に登録したメールアドレスもしくはサイト内で注意喚起があるのですが、今回の僕の場合はそのような警告は残っておらず無断でSSLが無効化されている状態でした。

対処手順の解説

まずはKonohaマイページへログインします。
サイトセキュリティから無料独自SSL をクリックします。

利用設定はオンになっていますがオフを選択します。

するとこんなメッセージが出ますが”はい”を選択しSSLを一時的に無効化します。

無効化の反映には少し時間がかかるようで5分ほど待つと青いバーがOFFに切り替わります。

OFFに切り替わったのを確認したら今度はもう一度ONに切り替えます。

今度は先ほどよりも反映時間が長いです。

僕の場合は15分くらい待ちましたね。

設定画面上でONに青色のバーが点灯し利用中に切り替わったのを確認したらワードプレスにアクセスしてみてください。

作業手順は以上です。

まとめ

色々な記事を読んでいると

SSL証明の期限切れは他のレンタルサーバーでもよくある事例のようで別サーバーでの対処記事も散見されました。

手塩にかけて育てたブログがある日突然閉鎖されてしまったらめちゃくちゃ焦りますよね。

実店舗に置き換えるとお客さんは外で何人も並んでいるけどシャッターが勝手に閉まって開かないような状態です。

幸い僕のブログはまだそこまで成長できていないですが一日数千人、数万人と言う単位になるとことは深刻です。

大切に育て上げたブログを守るためにも手順はそこまで難しくないのでSSLの再設定を試してみてください。

僕の記事が少しでもみなさんのお力になれば幸いです。

ではまた。

ブログの毎日更新2ヶ月を超えて思うこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました