スポンサーリンク




【自転車保険義務化!】初心者ローディのコスパが良い自転車保険おすすめ3選

ロードバイク

みなさんこんにちはミケランです

自転車の保険加入が居住地域によって義務化されているって知ってましたか?

2020年4月には東京都が義務化するなど、大都市圏を中心に自転車保険義務化の動きが加速しています

気になる対象地域はこの様になっています。

出典:au損害保険株式会社「自転車保険の加入義務化ってなに?」

そもそも義務って聞くと何だかものものしい雰囲気になるんだけど入らないと罰則とかがあるの?

原則入らなくても罰則はありませんが、未加入の場合は条例違反となります

つまり、入らなくても罰則はないけどコンプラ的にアウトなので通勤や通学に使用していると会社や学校側からお叱りを受けるかもしれないということです。

いづれにせよ自転車事故で加害者になってしまった場合、怪我をした被害者の医療費の請求をされることが考えられます。大きな事故になれば、慰謝料や事業の損害賠償が発生し多額の請求が発生した事例も存在します、

少なくとも対人対物無制限の自賠責保険に加入することをおすすめします。

ということで今回はロードバイク初心者目線で最低限これさえ入っておけば大丈夫というセーフティライン、でなおかつコスパ重視な保険を3つご紹介したいと思います。

自転車保険おすすめ3選

全日本交通安全協会・損保ジャパン「サイクル安心保険」(プランA)

個人賠償補償

怪我を負わせた相手への保証個人賠償保証 1億円
怪我を負った本人への保証入院日額  0円
通院日額  0円
示談交渉    有
月額保険料   139円

なんといっても月額保険料の安さがダントツです。子供の自転車保険などはこれでまず間違い無いでしょう。日本交通安全協会が開発している格安かつ最低限の補償が担保されている保険です。
私が知り得る中では最安かつ保証も手厚い良心的な保険です。

サイクル安心保険のリンクはこちら

サイクル安心保険 - 全日本交通安全協会・損保ジャパン
最高3億円の賠償責任を補償する、交通傷害ワイド補償コース誕生!全国各地で自転車保険加入義務化が進み、どの保険にしようか悩んでいるあなたに「サイクル安心保険」がオススメです。月々約140円〜(年間掛金1,670円〜)!!示談交渉サービス付き、加入の年齢制限無し!

ZuttoRide「CycleCall」(プランM)

怪我を負わせた相手への保証個人賠償保証 1億円
怪我を負った本人への保証入院日額  0円
通院日額  0円
示談交渉    有
月額保険料   359円

こちらの保険の特徴は自転車ロードサービスがついてくるので自転車が大破して動けない状態になってしまっても1回あたり60kmまで、年4回の無料運搬がついてくるのでどうしようもないような事故の場合も安心ですね。

サイクルコールのリンクはこちら
https://cyclecall.jp/

楽天損保「サイクルアシスト」(基本タイプ)

怪我を負わせた相手への保証個人賠償保証 1億円
怪我を負った本人への保証入院日額  2500円
通院日額  0円
示談交渉    有
月額保険料   250円

対象年齢は69までですが250円で個人賠償保証1億円、入院日額2500円がついてくるのはかなりお得と言えるでしょう。新時代の異端児の楽天がここでも高コスパ商品を打ち出してきています。楽天モバイルや楽天ショッピングなどのいわゆる楽天経済圏で生活している人もそうかしているのでいっそのこと保険も同じ会社の方がお得をとれる可能性がありますね。

まとめ

いかがでしたか?

コロナウイルスの世界的なパンデミックで密にならない移動手段として自転車の需要がこれまでになく拡大しています。

通勤、通学、趣味いづれにせよ自転車に乗るということは事故に合うリスクを無くすことはできませんよね

個人賠償補償を1億円にの物に絞っているのは日本の判例の最高額が約9500万円ということから万が一の場合に十分に対応できる金額だというところからです。

事故にあってしまってからでは遅いのでできれば購入と同時に自転車保険への加入をおすすめします。

また、自転車保険の義務化には、すでに入っている保険で対応できることがあります。義務とされているのは、事故を起こして他の人にケガをさせたときに賠償できる保険に加入することです。

ロングライドする際の心得も記事にまとめているのでよければそちらも合わせてどうぞ

初めてロードバイクで100km走る前に準備しておくべきものチェックリスト!

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました