スポンサーリンク




ロードバイク初心者がアルミフレームからカーボンフレームに乗り換えて思ったこと

ロードバイクを買いたいけど、どうやって選べばいいかわからない。結局アルミとカーボンどっちがいいのという悩みを持っている人も多いはず。
今回は実際にアルミロードバイクを3年間乗ってカーボンフレームのロードバイクを購入したので、いろいろと感じたところをレビューしていきたいと思います。


あと僕の自己紹介は下のリンクに張っておきますので興味がある人は覗いてみてください!

アルミロードバイク Bianchi VIA NIRONE 7 2015

Bianchi VIA NIRONE 7の特徴

Bianchi
おしゃれなイタリアンブランドで現存する中では世界最古の自転車ブランド。チェレステカラーと呼ばれるブルーの色合いが印象的で、世界3大ツールでも輝かしい成績を収めるている。歴史と実績を兼ね備える強豪ブランド

アルミフレーム
アルミパイプから初めて自転車を作ったメーカーで、今のオーソドックスなデザインの始まりはビアンキからと言っても過言ではない

メインコンポーネントはSORA
SHIMANOのSORAは上から数えて5番目のグレード。初心者に優しいお値段が魅力的
グレードが上がればその分価格も比例する

乗ってみた感想

良いところ
  1. コスパがいい
    カーボンロードにするとどう頑張っても30万は軽く超える…
    僕が購入したのはそちらのショップではエントリーモデルのSORAが初期装備、コスパを重視かつビアンキに乗りたい一心でアルミのSORAを購入
  2. 見た目のかっこよさ
    バイクショップでウインドウショッピングのつもりが気づいたら購入してしまっていたww
    油断大敵。
    要するにそれだけ求心力のあるかっこいいバイクです
  3. オシャレなイメージがあるブランド
    エメラルドグリーンの色味が個性的でとにかくおしゃれ。「どこのロード何乗ってるの」という会話から”ビアンキ”といえば「あーあのおしゃれなバイクだよね」となるビアンキ=おしゃれというバイクブランド
  4. 街乗り性能としては十分
    ロードバイクに乗ってみたい、安くておしゃれなバイクに乗りたい、そんな人たちのニーズに確実に答えてくれる1台です。”もっと早く”とか”もっと長い距離を”とか追求しないのであれば十分な性能のバイクです
悪いところ
  1. 最安モデルはカスタムしづらい
    僕の場合はここが一番のデメリットで標準装備のコンポーネントはSIMANOのSORAでした。
    性能としては十分だがカスタムを始めると超えられない壁が生じる。

    例えば…
    ホイールを変えたくてもコンポーネントごと交換しないと取り付けできない
    上位グレードのコンポーネントになればなるほど見た目も洗練されてかっこいい
    …etc
    乗っているうちに欲が出てくるタイプの人は105以上のグレードをおすすめします
  2. 純正パーツはとにかく重い!
    タイヤ、ホイール、コンポーネント、サドルとどれをとっても安い素材を使用しています。
    フレームの値段が高い分コンポーネントでコストカットしているからで”鉄下駄”と呼ばれるほど純正のホイールと上位グレードのホイールとは重さが異なります。
    なので坂道なんかはまあまあ地獄ですww
  3. どう頑張ってもカーボンフレームの軽さに勝てない
    お金に糸目を付けなければアルミバイクでも軽量化は可能
  4. 街乗り性能としては十分
    お金に糸目を付けなければアルミバイクでも軽量化は可能です。しかし、フレームの軽さは素材の重量に直結するのでカーボンフレームとは埋められない差が存在します。
    とはいっても初心者レベルで数グラム単位の軽さを大金をはたいて買うよりも自分自身の体重をコントロールするほうがよっぽどコスパが良かったりしますw

カーボンロードバイク Specialized Venge 2013

Specialized Vengeの特徴

SPECIALIZED
アメリカを代表するトップメーカーの一角。昨今の世界3台ツールではとにかく輝かしい成績を収めている屈指の超強豪ブランド。社訓は”Innovate or Die”(革新を、さもなくば死を)というかなり攻めたキレッキレのブランドですw

カーボンフレーム
とにかく軽い。これに尽きる。
Vegeはスペシャの中でも直線を早く走るために開発されたモデルでカーボンフレームの中でもグレードがあってこのモデルはPro FACT carbonで下位グレードだがアルミ純正バイクとの軽さの違いは歴然!!持った瞬間同じロードバイクと思えないほどの軽さ!

エアロ形状
SPECIALIZEDの中でもVengeは空力性能を追求したエアロ形状モデルでフロントチューブあたりがあえてえぐられたような形になっている。VengeはF1の名門チーム、マクラーレンと共同開発して生み出されたF1スポーツカーのようなバイク

メインコンポーネントはUltegra
SHIMANOコンポーネントグレードは上から2番目のUltegra
僕はECサイトで中古品を購入したので元値90万円(カスタムパーツを含む)を25万円購入ホイールはDURA-ACEの50mmがついていたりかなりお得だった(^^)
ちなみに僕が購入したサイトはこちら
http://www.cycly.co.jp/

乗ってみた感想

良いところ
  1. 漕ぎはじめがとにかく軽い
    軽いは正義w
    ギア1枚分は確実に軽さを感じる。
    それもそのはず、実質のアルミロードとの差は以下の通り
    Bianchi 11kg
    Specialized 7.7kg
    カーボンロード圧勝ですww
  2. アルミロードと比較して乗り味はとにかく軽くスムーズ
    ビアンキに乗っていたときには感じられなかった操作性、アクションに対して正確にバイクが反応してくれるという印象
  3. Di2コンポは初めて乗ると感動
    Di2はSHIMANOが出している電動変速機でたまたま中古のオプションでついていました。
    でもこのDi2は通常の変速と異なりボタンで変速を行うタイプなのでライドがかーなり楽に^^
    なんといってもこのメカメカしい音と雰囲気がかっこいい。モチベーションアップにかなり貢献してくれる。バッテリー容量も異界充電すれば70時間稼働とかなり大容量!
    どうしても必要なパーツではないですがあるとかなり便利で重宝するのは間違いないです
悪いところ
  1. 疲労の蓄積
    ビアンキに乗っていたときよりも車体が変わったことも影響して疲れやすくなったとかんじました。感覚的な慣れも必要ですしバイクを乗り換えると意外とぶち当たる壁だったりします。あと、いくらカーボンバイクで軽いと言っても坂道はキツいですw
    確かに軽くはなりますが、僕はヒルクライムが苦手だったりします。
    あくまでエンジンは自身の脚力次第なのでしっかりとしたトレーニングはマスト。
    期待し過ぎは禁物です!
  2. スピードの出過ぎによるリスクの増加
    空力性能が上がったことによりスピードが出やすくなる反面落車したときの怪我のリスク大きくなるので要注意!あと、カーボンフレームは1箇所ひびが入るとフレームがお釈迦になります。初心者にはハイリスクな乗り物であることは理解の上、購入を検討したほうがいいかもしれないです。
  3. 値段がいちいち高額
    もともといいパーツが付いているのであえて変える必要はないですが、僕は自分だけのオリジナル感はやっぱりほしいと思っちゃう派ですw

    ホイール、コンポーネント、ハンドル、ステム、サドルはここから1つグレードを上げるだけでも❍万円の世界

    「ホイール6万なら安い!買いじゃん!」

    というロードに乗らない人間からすると至らなかったであろうバグった感覚に陥るのでここはかなり注意が必要w
    あくまで趣味の範囲なら自分の納得できるラインを線引きすることが大切ですね

まとめ

街乗りだけの範囲ならアルミロードでも十分楽しめる!

アルミロードはどうしてもカーボンフレームと比較されてしまいがちですが、アルミロードは十分速い自転車ですし、カスタムや乗り方次第ではレースなんかも全然目指せるバイクです。なので自分の目的に合わせて購入する方が満足できる買い物になるでしょう!


目的に合わせてサイクルショップで店員さんに聞いてみる

サイクルショップなどの専門店ならちゃんとした知識のスタッフさんがいるので、初心者の方も安心して目的に合わせたバイク選びができます。
家電量販店などで並んでいるロードはどれも下位グレードの物が多かったりします。
安かろう悪かろうのデメリットがあることを覚悟したほうがいいです。

ここだけはおさえたほうが良いポイント

基本的にはサイクルショップ購入
理由はこんな感じです。

  1. 自分のサイズに合ったバイクをすすめてくれる
  2. ポジション調整はミスるとかなり乗りにくい
  3. 故障時のメンテナンスが依頼しやすい
  4. ショップのコミュニティなどでバイク仲間ができる

ネットで購入する場合は専用工具の容易など最終的に費用がたくさんかかってしまう場合がほとんどなので覚悟が必要です。
最初の1台目であれば特にショップでの購入をおすすめします。
だんだん慣れてある程度の修理ができるようになった段階でネットでの購入は考えたほうが良さそうです。

コンポは105以上

105以上ならあとから方向転換が容易でアップグレードがすんなりできたりします。
正直105グレードはレーサークラスでない限り違いはわかりにくい
街乗りでギア周りやホイールは触らないよっていう方は105グレード以下でも問題ないでしょう

フレームは見た目重視
初心者のうちは自分のモチベーションが上がるようなバイクに乗るのがおすすめです。
妥協して乗らなくなるよりも、思い切って好きなバイクにのると運動不足の解消にも貢献できて一石二鳥です。
フレームは各社しのぎを削って作っているいてどれも優秀な性能を兼ね備えているので最終判断は自分の直感でいいと感じたもので全然OKですよ。

コメント