スポンサーリンク




ロードバイクに乗るときにできるようになったほうが良いテクニック3選【読むだけでも効果があります】

みなさんこんにちはミケランです。

ロードバイクを買うとぐにでも走り出したくないりますよね!

しかし、せっかく始めたロードバイクにも実は細かいテクニックが存在していてロードバイクに乗る上での使えるテクニックを知りたいと思っている人も少なくないはずですよね。

ロードバイクって単に早く走るだけなの?

街中で使えるような小技テクニックを知りたい。

始めたばかりだとこんな風に考えがちですよね。

ということで今回はできると便利なテクニックを3つ紹介していきたいと思います。

1.ロードバイクの小技を覚えるとどんなメリットがあるの?

ロードバイクの小技を覚える=バイクコントロール能力の向上です。テクニックが上がると上級者感が出てかっこいいし疲れが残りにくくサイクリングの快適性もどんどん上がっていきます。

その理由はバイクコントロールが向上するとペダリングのパワーがうまくバイクに伝わるようになるので無駄なく効率的に自転車を漕ぐことができできるようになります。

例えばこういった小技を覚えるとバイクのコントロールの仕方が身について効率的なハンドリングができるようになるんです。

あくまで走って楽しむだけだから小技は必要ないかな?という方にとってもロードバイクを”楽しく”乗るには快適性という面につながるのでとても大事な側面なんです。

なので、初心者の方でもこのようなスキルをみにつけることが実は重要なんですよね。

2.覚えると得するロードバイク小技テクニック3選

①エマージェンシーブレーキ

かっこよく言いましたが緊急時の急ブレーキのことです。

道路を走行するときはロードバイクに限らず自転車は車両として扱われます。

当然ですが自転車専用道路などを除いて車道側を走行しなければなりません。

車に乗っている人は必ず自動車運転免許を持っていてもちろんブレーキの方法も知っていますが、自転車の場合は良くも悪くも無免許で乗れてしまう乗り物です。

急に目の前に人は車両が現れたときにちゃんと対応できるように練習しておくことはとても重要ですよね。

ロードバイクの場合は車体自体が軽いので急ブレーキをかけた時に後輪が浮く、最悪の場合前方に体が飛んでいってしまったりします。

重心のバランスを取るために急制動では腰をうしろに引きながらブレーキをかけることで、バイクを制御する技術が求められます。

出典:Bicycle Club

②ダンシング

ダンシングはかなり奥が深いのでここで深掘りするのは控えますが間違いなくサイクリングスキルを上げてくれるテクニックの一つです。

キツい坂道をシッティングポジションのみでバイクを漕ぐとだんだん足に乳酸が溜まってきてとてもキツいですよね。

ダンシングのペダリングを習得すれば広背筋でハンドルを引く力や足の裏に体重を載せる力というのがかなり使いやすくなります。

細かいダンシングのテクニックを正しく習得すればいつものキツい坂道にもかなり強い味方になってくれますよ。

③ホッピング

ホッピングは足の裏の力を使ってロードバイクのタイヤ両輪を浮かせるテクニックです。

実はロードバイクのタイヤはちょっとした段差などにはかなり弱い作りになっています。

これはロードバイクのタイヤ・ホイールの断面です。

引用:THE EARTH BIKES

チューブレスタイヤなどを除いてロードバイクのタイヤは厚いゴムの中に薄いチューブが入っていて中のチューブは数センチの段差でも乗り越えるときに圧力がかかってパンクしてしまったりカーボンホイールに日々が入ってしまうことがあるんです。

ホッピングスキルがあればちょっとした段差を超える時も軽くジャンプでタイヤへの急な衝撃を緩和することができるんです。

ちょっとした気遣いですがこれでパンクや大切なホイールへの傷つきを防げるのであればかなり費用対効果の高いテクニックと言えますね!

3.初心者がまずやるべきことは?

僕がお勧めする順序として初心者がまずやるべきことは何より”ブレーキングの練習”ですね。

お勧めする最大の理由はやはり安全にロードバイクを楽しむためですね。

車と同じ道路を走る以上ロードバイクは車両です。
路面で転ぶと命にも関わしますし、実際自転車事故の役20%の相手は自動車です。あんな細くて軽いロードバイクと自動車が接触してしまったらどうなるかは容易に想像がつきますよね。

引用:警察庁令和2年における交通事故発生状況などについて

まとめ

いかがでしたか?

街中では様々な危険があります。急な飛び出しや車の接近など予想もしないところから人や自動車が現れるということが起こります。

せっかくロードバイクを買って颯爽と走りたいという気持ちは重々理解できますが、万が一が起こってしまう前にかならず自分のロードバイクの操作性能を確認しておきましょう。

このようにロードバイクのテクニックを学ぶと

バイクコントロールが上手くなる→効率の良い乗り方が体で理解できる→フォームが安定する。

このような良い循環を促すことができるので初心者に限らず体得するメリットがあるんですね。

この記事を参考に皆さんも一つずつテクニックを習得してみませんか?

あなたのライドをきっと力強くサポートしてくれるはずですよ!

ではまた。

向かい風の時はこうするしかない!強風時のローディに唯一出来ることとは?【役立つ最新アプリの紹介もあります】

コメント