スポンサーリンク




【Zoom・YouTube撮影に最適】きれいに抜ける合成用グリーンバックおすすめ3選紹介!

動画編集

みなさんこんにちはミケランです。

リーモ-ト業務が増えもはやグリーンバックは一家に一台の時代ですね。

グリーンバックを使って撮影すれば簡単に好きな背景に差し替えすることが可能になります。

リモート会議や、Youtubeの撮影にはとても便利なアイテムですね。

僕もYoutubeの撮影やメルカリの出品なんかにもこのグリーンバックを使用しているので、意外と使用頻度の高さに驚いているこの頃

とはいえ、商品数の数が多くどれを選んだら良いのかわからないという悩みをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?

せっかく買うなら高品質な商品を正しい知識を持って選びたいですよね!

今回は僕も購入に悩んだグリーンバックのおすすめを3つ紹介したいと思います。

グリーンバックを選ぶ際のポイント

スタンドの種類

動画撮影に使用する場合はスタンド型の商品がおすすめです。

リモート会議が増えた昨今こんな商品も人気です

GOKEI グリーンバック ¥3,400~

布の種類

ポリエステル◎
PRニット△
不織布△

プロの現場でもポリエステル製が主流となっているようです。
理由として反射が少なくシワになりにくいからだそうです。
原則ポリエステル製の物を選ぶのが良さそうですね。

携帯性

親切なメーカーは収納用のケースも付属してくれる場合があるのでそちらも商品選びの上では重要なポイントになります。

大きさ

撮影したい被写体に対して十分なサイズか?

購入前に必ず入念に確認しましょう。

グリーンバックおすすめ3選

Hemmotop グリーンバック ¥3,998~

初心者の方ならこれで間違いなしです。Amazonベストセラー1位のグリーンバックンドセット。100%ポリエステル材質です。しわがあってもスチームアイロンをかけてしわが取理が可能です。

c ¥3,958~

1.8mx2.8mとサイズがかなり大きいのが特徴で、大抵の撮影には十分な大きさです。さらに収納袋までセットになっているので、携帯性も◎ですね。このお値段でAmazonの場合1年保証が付いてきます。

FOSITAN グリーンバック ¥7,899~

ホワイトバックやブラックバックもついたこのFOSITAN グリーンバック。
収納袋がついていて、全てのパーツを収納できるようになっています。バックが3枚あるので重量が重くなってしまうのが難点。
三脚の高さも200mmまで調節可能が可能です。設営も簡単で撮影者目線のとても使いやすいグリーンバックです。

グリーンバックを使用する際の注意点

緑色の服や小物を避ける

グリーンバックを使用するとマクロキーで編集したときに緑色も部分を全て背景として読み込みしてしまいます。
なるべく同系色のものを避けて撮影したほうがきれいに切り抜きできる可能性が高いです。

スクリーンのシワがないか確認

せっかくグリーンバックを使用していてもシワやたるみ、折り目があるとその部分だけ合成がうまくいかない場合があります。
撮影前にチェックしておくと取り直しになるリスクを減らすことができるので必ず確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

グリーンバックはなくても映像クリエイターにとってなくてはならない必須アイテムと行っても過言ではありません。

せっかく買うなら高品質な商品を正しい知識を持って選びたいですよね!

皆さんもぜひご購入の参考にしていて頂けると幸いです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました