スポンサーリンク




ロードバイク初心者が最初に行うべき平坦な道を早く走る工夫とは?【中級者にも有益です!】

みなさんこんにちはミケランです。

ロードバイクを買って乗り始めて思うことは上級者の段違いな巡航スピードでよね。

『今はまだ乗り慣れていないだけで俺の運動神経を持ってすればこれくらい余裕っしょ!』

と思っていても、なかなか差が縮まらないどころが追いつける気がしない。。。

このように絶望している方も多いのでは?と思ったので今回は平坦な道をどう攻略すればいいのか?
初心者でも簡単にできるスピードアップテクニックを3つに厳選してご紹介したいと思います!

巡航速度を上げるためにできるテクニック3選

①エアロダイナミクスを理解する

自転車は良くも悪くも風の影響を強く受ける乗り物です。

プロのロードレーサーたちはフレームにせよホイールにせよ細部に渡ってエアロを意識した構造の道具を使用しています。

プロの選手でなくても風をうまくコントロールできるようになるとかなり巡航スピードを向上させることができますよ!

フレームやホイールをエアロなモデルに交換することはとても効果的なんですが価格が大きいので取替するには大きな出費になってしまうことが少なくありませんね。

大きなパーツを交換しなくてもできる空気抵抗を減らす方法として以下のものがあります。

  1. サイクリング用のジャージを着る
    サイクリングジャージはいろんなモデルがリリースされていますが早く走りたいという目的の方はなるべくタイトで風になびかない素材の物を選ぶと高いエアロ性能を得られるでしょう。
  2. エアロポジション(頭の位置を下げて走る)
    基本的に前方から受ける風の面積を少なくすればするほど空気抵抗を抑える効果があります。
  3. ハンドル周りにデバイスを着けすぎない
    ヘッドライトやベル、サイクルコンピュータ、スマートフォンマウントと意外とごちゃごちゃしてしまうハンドル周り。ハンドル周辺は一番最初に風の抵抗を受ける部分なので高速巡航を意識したい場合はなるべくシンプルにスッキリまとめておく方が有利に働きます。
    レックマウントというツールをまとめるアイテムがかなりおすすめなのでリンクを貼っておきます。
    初心者が最初に買うべきレックマウントすすすめカスタムパーツ攻略法

こちらのサイトでは空気抵抗削減効果をランキング形式でまとめてくれています
http://morimotty.com/data-room/

②速い人の後ろを走る

先程のエアロと異なり自分よりレベルの高い人の後ろを走るとかなり空気抵抗がなくなる感覚が得られるでしょう。車やバイクの後ろを走るとスピードに乗りやすくなるようにロードバイクの後ろをピッタリと追従すると同じような効果を得ることができるんです。

レースで多くの人と走った経験がある方はわかると思いますが一人で走る時よりも巡航スピードが上がりやすいという感覚があるでしょう。

トップで走っている選手はとても体力を消耗してしまうんですが後方の選手はその分らくに走ることができて体力を温存する効果があります。

③体力のペース配分をコントロールする

平坦に入るとすぐにでもケイデンスをあげて漕ぎ出したい気持ちはわかるのですが、急なスピードアップは足に不要な負荷がかかってしまう場合が多いので徐々にスピードを乗せてゆっくりとトップスピードまで持っていくと行くことが重要です。

具体的な例を挙げると
上り坂ではしっかりと踏んで下り坂は休む。
向かい風の場合は60%くらいのパワーで漕いで追い風の場合は80%くらいのパワーで漕ぐ
このように緩急をつけることによってパワーをなるべく節約することができるのでスピードに乗せたいタイミングで爆発的なパワーを出すことができるんですね。

休憩時にはしっかりと水分や補給食でエネルギーを補給しましょう。

サイクリングをしているとエネルギーを使っていることをついつい忘れてしまいがちです。

ペースや時間配分を目安に補給することで一定のパフォーマンスをより確実に発揮することができます。

おすすめの補給食などはこちたでご紹介しているのでよければ覗いてみてください。

サイエンスインスポーツ(SiS)チューバーとドリンクタブレットを購入したので早速ヒルクライムに挑戦したら快適すぎた話

まとめ

巡航スピードを向上させるとモチベーションも上がるし風をどんどん切って進んでいけるのでとても気持ちよくサイクリングが楽しめるようになります。

ちょっとした心掛けやアイデアでもかなり効果があるので色々と試行錯誤してみるのも一つの楽しみですね。

皆さんもぜひライドスタイルを見直してみてはいかがでしょうか?

あなたのサイクリングレベルを劇的に改善してくれるかもしれませんよ!

ではまた。

コメント